オーディオ販売トップ  > ホームシアター

e-onkyo music

ドコモオンラインショップ arrowsNX TUNED BY ONKYO

オンキヨーダイレクトをツイート

インテグラ

ods-shop

左メニュー・上部 (LEFTMENU_TOP.html)
キーワードで探す
詳細検索

カテゴリから探す
左メニュー・モールツリー上部 (LEFTMENU_MALLTREE_TOP.html)
左メニュー・モールツリー下部 (LEFTMENU_MALLTREE_BOTTOM.html)
左メニュー・下部 (LEFTMENU_BOTTOM.html)
商品詳細画面・上部 (GOODS_HEADER.html)

Pioneer VSX-S520(S) 5.1ch AVアンプ AirPlay/4K/ハイレゾ音源対応 <特典付>

ハイレゾ
Pioneer VSX-S520(S) 5.1ch AVアンプ AirPlay/4K/ハイレゾ音源対応 <特典付>

機種名 : Pioneer VSX-S520(S) 5.1ch AVアンプ AirPlay/4K/ハイレゾ音源対応 <特典付>
品番2 : VSXS520S
発売日 : 2016/10/21
税抜価格 : 59,800円(税込価格:64,584円)
獲得ポイント : 4520pt
在庫 : あり

クレジットカード不要の分割払い(オリコWebクレジット)対応製品です。
   ※「無金利」金利手数料はONKYO DIRECTが負担します。


最新のサラウンドやネットワーク機能を楽しめる、スリムデザインのAVシーバー
〜オブジェクトオーディオ “Dolby Atmos” や “DTS:X” にアップデートで対応※〜
【送料無料,1年保証】

※ファームウェアのアップデートによる対応となります。準備が整い次第、詳細な日程や内容について、 当社Webサイト(http://www.jp.onkyo.com/) でお知らせします。
【応募方法】ONKYO DIRECTにて本製品を購入いただきますと自動的に応募完了です。
【プレゼント期間】プレゼントがなくなり次第終了とさせていただきます。
【お届け】製品とは別送にて随時お届けします。

BASEV60

薄さ7cmのスリムモデル。
本格派ホームシアターを堪能する、高音質と最新機能をスリムなボディに凝縮。パイオニアが培ってきた高効率 Class Dアンプ技術の採用により、スリムなボディにコンポーネントの性能をそのまま凝縮しました。VSX-S520は 高さ7cm奥行き約32cmというスリム&コンパクト設計で、多くのAVラックに収納が可能。さらにブラックカラーが 多いAVレシーバーの中で、リビングインテリアに合わせやすいシルバーカラーを採用しています。




VSX-S520 TECHNOLOGY

■上級機ゆずりのノウハウでチューニングしたClass Dアンプ搭載
VSX-S520は、パイオニアが長年培ったノウハウを活かしたClass Dアンプを採用。大容量、低インピーダンスの コンデンサーを採用したパワーアンプ部とパワーサプライ部は、双方のバランスを検討し自社で最適設計を 行っています。またデジタル信号処理部はノイズ低減のための6層デジタル基板を採用するなどコンパクトな筐体 に、上級モデルの設計思想を反映し、80W/chのハイパワーを実現しています。




Dolby Atmos®とDTS:X™にアップデート対応
通常のフロア上のスピーカーの音に、上方向からの音を加えて、三次元空間上に音を自由自在に定位させ、 動かすことで圧倒的な臨場感を生み出すサラウンドフォーマット。映画館では、天井にたくさんのトップスピーカーを 設置することで、上空を通過する航空機などが、実際に頭上を飛行しているかのような臨場感で体験することができるのです。
FS-EB70
FS-EB70
天井へのスピーカー設置が難しい環境でも、天井からの反射音を利用して リスニングポジションに 音を届けることができるイネーブルドスピーカー(D-309H、SKH-410など)を使用すれば 同様の効果が得られます。

イネーブルドスピーカー掲載ページ




■フロントスピーカー2本だけでサラウンドが楽しめる画期的な「フロントステージ・サラウンド」
「フロントステージ・サラウンド」は、マルチチャンネルスピーカーによるサラウンドシステムを構築することなく、 左右2本のフロントスピーカーのみでサラウンド音場を再現することが可能な独自の音場機能です。2chシステムから 始めて、次第にサブウーファーやセンタースピーカー、各種サラウンドスピーカーの追加で本格的なシステムへ ステップアップして楽しむことができます。 BASEV60




■AVレシーバー内部の調整およびサブウーファーの位相管理を行う「MCACC」
Multi-Channel ACoustic Calibration system
音場補正機能の基本となる「MCACC」は、スピーカーの大小、音量、距離、クロスオーバーを判定し、異なるスピーカーをすべて同じスピーカー、同じ距離で鳴らしたように調整します。さらに、EQ補正により各スピーカーおよびサブウーファーの音色を揃えるとともに、「フェイズコントロール」技術によりローパスフィルターによって生じるサブウーファーの低域の遅れ(位相ズレ)を解消する位相管理を実現。AVレシーバー内部における信号をマルチチャンネル再生に合わせた最適な状態に補正します。
さらに、各スピーカーおよびサブウーファーの音色を補正するEQ補正は、3つのプリセットメモリーから選択が可能なマニュアル設定機能も装備。コンテンツに合わせてお好みの音場でお楽しみいただけます。
BASEV60 BASEV60




■マルチチャンネルの画期的な高音質再生を実現「フェイズコントロール」
マルチチャンネル再生ではシステムの原理上、低音の遅れが発生することで音の干渉による打ち消し合いなどが起こり、音質へ悪影響を及ぼす原因となります。そこでパイオニアは、独自に開発した「フェイズコントロール」技術に基づき、この低音の遅れを解消。原音に忠実な力強い低音を再現することで、マルチチャンネル再生時の音質を飛躍的に向上させ、躍動感や実体感が際立つ音の再現を可能にしています。
BASEV60




「MCACC」の機能と効果
Speaker Adjustment すべて同じスピーカー、同じ距離で鳴らしたようになります。 (大小、音量、距離、クロスオーバー)
EQ すべてのスピーカーの音色を同じように揃えます。
SW EQ 低音の音色を室内環境に合わせて自動調整。好みで重低音の音色調整も可能です。
Phase Control アンプやサブウーファーのLPFによる低音のズレを補正。 低音の迫力が増すとともに、中・高域のクリアな再現性を実現します。



充実のネットワーク機能

■Wi-Fiを使ってワイヤレスで音楽やネットラジオを楽しめる。
「Air Play」※1や「Google cast for Audio™」※2「Bluetooth®」により、スマートフォン、タブレット、 PCなどに保存した楽曲を ワイヤレスで再生することができます。さらに、「TuneIn」や「Radiko」に対応しており、国内外の インターネットラジオ放送局※3の番組をいつでも楽しめます。「radiko.jpプレミアム」※4にも対応している ので、配信エリア外の全国の放送局も楽しむことができます。
BASEV60 BASEV60
TX-NR810 TX-NR810
※1:Apple社の「AirPlay」を使用するためには、本機がLAN接続され、またワイヤレス演奏を楽しむためには 無線LAN環境となっていることが必要です。AirPlayは、iOS4.3.3以降を搭載したiPhone/iPad/iPod touch、OS X Mountain Lion搭載の Mac、およびiTunes10.2.2以降を搭載したMac/パソコンに対応しています。
※2:ファームウェアアップデートにより対応予定。
※3:インターネットラジオを聴くには、インターネットサービスを提供しているプロバイダーとの契約・料金が 別途必要です。
※4:radiko.jpプレミアムには会員登録(有料)が必要です。聴取できるのは「radiko.jpプレミアム (エリアフリー聴取)」参加放送局に限ります。




■様々なハイレゾ音源を楽しめる。
DSD 5.6MHzをはじめ、FLAC、AIFF、ALAC、WAVの192kHz/24bitなど、さまざまなフォーマットに対応し、 情報量豊かなハイレゾ音源を幅広く楽しむことができます。

*DSD入力は、PCM変換での再生となります。
BASEV60




4K&HDR映像対応

■フルスペック4K映像サポート
伝送帯域18Gbps、4K/60p 4:4:4/24bitの映像をはじめ、4K/60p 4:2:2/36bitおよび4K/24p 4:4:4/36bitなど、 フルスペックの4K規格に対応。秒60コマによる滑らかな動画再生とともに、フルHD映像からのアップスケーリング 時も色情報を圧縮しない、より鮮やかな色調表現が可能です。また、著作権保護規格HDCP2.2 に対応。CSの4K放送 やBDコンテンツへの対応も万全です。
FS-EB70




■次世代4Kクオリティ対応、「HDR」「BT.2020」
18Gbps伝送によるフルスペックの4K映像はもちろん、太陽光の眩しさなどコントラストの違いを再現する飛躍的な ダイナミックレンジ(輝度)の拡大をもたらす「HDR」や従来の2倍以上広い色空間をカバーする映像フォーマット 「BT.2020」に対応。次世代の4K規格をサポートしています。
FS-EB70




使いやすさを高める便利な機能

■スマートフォンから簡単操作
パイオニアのスマートフォンアプリ「Pioneer Remote App」(無料)を使って、電源のオン/オフや音量の調整など、 より直感的で快適な操作を実現しています。
※App StoreではiPhone版専用アプリ「Pioneer Remote」、Google PlayではAndroid OS版 「Pioneer Remote for Android」が無償でダウンロードいただけます。
※レシーバー部が無線LANルーターと接続されていることが必要です。
BASEV60




■テレビのリモコンで快適に操作「HDMI CEC機能」
ホームシアターの電源ON/OFFや音声切換、音量調整など、基本機能の連動操作が対応するテレビのリモコンひとつで でき、いくつものリモコンを使いわける煩わしさを解消します。

当社が動作確認している他社製機器は以下のとおりです。(2016年4月現在)
・パナソニック製のビエラリンク対応テレビ、プレーヤー、レコーダー
・東芝製のレグザリンク対応テレビ、プレーヤー、レコーダー
・ソニー製のブラビアリンク対応テレビ
・シャープ製のAQUOSファミリンク対応テレビ、プレーヤー、レコーダー

*テレビとレコーダー(プレーヤー)のメーカーが異なる場合、連動動作は保証外です。
*上記動作は各機器の設定などによって動作しない場合もあります。「HDMI CEC機能」と互換性のある他社製品で あっても、すべての連動動作を保証するものではありません。




その他の特徴
パワーアンプ チャンネル数 6
パワーアンプ方式 Class D
定格出力[20 Hz〜20 kHz、T.H.D. 1 %、4Ω、1ch駆動時]
各ch 80 W
実用最大出力[JEITA、4Ω、1ch駆動時]
各ch 80 W
電源部・その他
電源電圧 AC100 V・50 Hz/60 Hz
消費電力(電気用品安全法) 60 W
待機時消費電力 0.2 W(スタンバイ状態) 2.0 W(ネットワークスタンバイON時)
外形寸法 435 mm(W)×70 mm(H)×325 mm(D)
質量 4.0 kg
接続端子
入出力端子 入力 出力
アナログ音声 3(PHONO含む) -
プリアウト - SW 0.1ch
パワーアンプ チャンネル数 - 6ch
デジタル 光1/同軸1 -
HDMI端子 4(HDCP2.2対応) 1(HDCP2.2対応)
LAN端子
(10BASE-T/100BASE-TX)
1
アンテナ端子 FM -
USB端子 1(フロント) -
ヘッドホン端子 - 1
TX-NR616
TX-NR616
★★★商品の詳細、スペックに関してはこちら Pioneer VSX-S520(S)ページを参照ください。★★★

お気に入りに追加 この商品について問い合わせ 商品詳細画面・下部 (GOODS_FOOTER.html)