オンキヨー

  オーディオ販売トップ  > ホームシアター

オンキヨーダイレクトをツイート

e-onkyo music

インテグラ

左メニュー・上部 (LEFTMENU_TOP.html)
キーワードで探す
詳細検索

カテゴリから探す
左メニュー・モールツリー上部 (LEFTMENU_MALLTREE_TOP.html)
左メニュー・モールツリー下部 (LEFTMENU_MALLTREE_BOTTOM.html)
左メニュー・下部 (LEFTMENU_BOTTOM.html)
商品詳細画面・上部 (GOODS_HEADER.html)

ONKYO TX-NR3030(B) 11.1ch対応AVレシーバー Dolby ATMOS/4K/ハイレゾ音源対応 【3年保証】

ハイレゾ
ONKYO TX-NR3030(B) 11.1ch対応AVレシーバー Dolby ATMOS/4K/ハイレゾ音源対応  【3年保証】

機種名 : ONKYO TX-NR3030(B) 11.1ch対応AVレシーバー Dolby ATMOS/4K/ハイレゾ音源対応 【3年保証】
品番2 : TXNR3030B
発売日 : 2014/10/31
税抜価格 : 220,370円(税込価格:238,000円)
獲得ポイント : 16660pt
在庫 : ただいま在庫切れです。次回入荷をお待ちください
最新シネマ音響技術Dolby Atmosに対応したハイエンドモデル
4K著作権保護技術HDC2.2やハイレゾDSD5.6MHz再生などにも対応
【送料無料、3年保証】

最新シネマ音響技術Dolby Atmosに対応したハイエンドモデル
TX-NR3030は、最大7.1.4chでのDolby Atmosによる再生が可能※。

またDolby Atmosのコンテンツだけでなく、従来のコンテンツを最大7.1.4chにアップミックスし、 これまでにはない立体音場の形成が可能になる新サラウンド技術Dolby Surroundにも対応しています。

加えて、ネットワーク経由によるDSD5.6MHzのダイレクト再生への対応、高スペックでの4K映像伝送が可能な 4K/60p、および4Kコンテンツの著作権保護技術HDCP2.2にも準拠するなど、音声・映像の双方で次世代コンテンツへの 対応を実現しました。

また、「高精細」を追求したハイレゾ音源、「位置情報」を表現するDolby Atmosなど、制作者が創り出した イメージをより忠実に具現化できるこれらの先進音源の魅力を最大限に引き出すために、オンキヨーのオーディオ 技術も惜しみなく搭載しています。

デジタル信号特有のパルス性ノイズを完全に除去するオンキヨー独自技術VLSC回路や、基板を底板に固定しない フローティング構造、徹底したコンポーネント思想に基づいた電源のセパレート化など、不要なノイズを徹底して 除去する技術を随所に採用。さらに、自在にスピーカーをドライブするために、全チャンネル独立構造の ディスクリート基板や大型トランス電源、飛躍的にスピーカードライブ能力を向上させる3段インバーテッド ダーリントン出力段など、ピュアオーディオで培ったノウハウを凝縮しています。

多彩なコンテンツに対応する先進性と、コンテンツに込められた制作者の想いまでも再現するオーディオ技術を 融合した、フラッグシップにふさわしいモデルです。





 ◆コンセプト

コンテンツ制作者の想いをストレートに伝える "Emotion. Delivered."思想
低インピーダンス化、低ノイズ化を徹底して図ることで、正確なスピーカー駆動を実現し、明瞭かつ迫力のある サウンドを再生する。それを成し遂げるオンキヨー独自の技術力を再度見つめ直し、改めてお客様にしっかりと 伝える、それが「Emotion. Delivered.」というコンセプトです。 オーディオ開発のノウハウが生きた裏付けがあるからこそ、どんなコンテンツの魅力も最大限に引き出します。


■DACは聴感上最も理想的なTIバーブラウン社のチップを採用。
24bit/192kHz×7基

■DAC部5.1chディファレンシャル動作に対応全chディスクリート構成独立基板

■3段インバーテッドダーリントン出力段による電圧の超安定化

■聴感上のS/Nを向上させるWRAT、デジタル機器固有のノイズを大幅に抑制するVLSC

■アンプ部 L/Rシンメトリーレイアウト

■制振性に優れたアルミフロントパネル採用
AI-501DA




 ◆ドルビーアトモス

シアターサウンドの常識を覆す、圧倒的なリアリティと空間再現力。
これまでの5.1chや7.1chといったチャンネル数に基づいた考え方ではなく、「音の位置情報」をメタデータとして 取り込み重ね合わせることで、立体的な音響空間をつくり出すことが可能になった「ドルビーアトモス」。
前後左右の直線的な音の動きだけではなく、頭上を含めた上下方向の動きも緻密に表現できるため、圧倒的に リアルな音場空間を楽しめるようになります。最大で7.1.4chもしくは9.1.2chのスピーカー接続によるDolby Atmosの 再生が可能です。
AI-501DA
AI-501DA




 ◆ハイレゾ

DSD5.6MHzのダイレクト再生に対応(ネットワーク経由)
DSD5.6MHzダイレクト再生に対応(ネットワーク経由)。
また、オンキヨー独自の「Home Media」機能を使用すれば、DSD対応のNASがなくてもDSDファイルの再生が可能です。 その他、FLACやWAVの192kHz/24bitハイレゾ音源やドルビーTrueHD(7.1ch)、Apple Lossless等、 各高品位フォーマットの再生に対応しています。


■DSD5.6MHzがネットワークでダイレクト再生可能

■USB経由再生でもDSD2.8MHzやFLAC/WAVに対応

AI-501DA




 ◆先進性

4K映像・放送に対応する最新鋭モデル
最新のHDMI規格に準拠し、4K/60pの高スペックでの4K(Ultra HD)映像伝送に対応。
パススルーはもちろん、フルHD画像を4K画質までアップスケーリング(4K/30pまで)できる機能も搭載。 また、4Kコンテンツの著作権保護技術HDCP2.2にもいち早く対応。 4K(Ultra HD)映像を余すところなくお楽しみいただける先進モデルです。


■4K/60p映像伝送可能な最新HDMI規格に準拠

■著作権保護技術HDCP2.2対応(MAIN OUT/ MAIN IN3 の表示端子)

AI-501DA




 ◆ワイヤレス再生

Wi-Fi & Bluetooth搭載
Wi-Fi、Bluetoothの機能を内蔵。スマートフォンやタブレットで簡単にワイヤレス音楽再生が可能です。 AI-501DA




 ◆機能性

独自の音場自動設定機能
最適な音場の設定を行う、音場設定機能AccuEQ Room Calibration(アキュイーキュー・ルーム・キャリブレーション)を搭載。 AI-501DA




 ◆広がるホームエンターテイメント

楽しみが広がるネットワーク機能
次世代のホームエンターテイメントのコアとして、DLNA準拠サーバーに対応。 LAN接続※1されたPCやネットワークHDDはもちろん、サイマルラジオサービスradiko.jpやTuneInなど、ネットワーク上の さまざまな音楽を鮮やかに再生します。 またMP3、WMA、WMA Losslessはもちろん、話題のDSDやFLAC、WAV、Ogg Vorbis、AAC、LPCMといった多彩なファイル形式 に対応し、インターネットラジオについてはPLS、M3UおよびPodcast(RSS)形式に対応します。またアルバム画像や タイトル/アーティスト名などの外部ディスプレイ表示も可能です (日本語表記に対応。本体ディスプレイは英数半角文字のみ)

※1 有線もしくは無線(Wi-Fi)接続。
※一部再生できないファイルがあります。
※本機ディスプレイへの表示は英数半角文字のみとなります。
AI-501DA

最大3部屋で異なる音楽を同時に楽しめるマルチルーム対応
PCやネットワークHDD(NAS)に保存した音楽を楽しむネットワークオーディオも、オーディオ機器本体の対応が必要です。 プライベートルームでミニコンポなどを使用してこれまで音楽を楽しんでこられた場合、従来の製品ではネットワークに 対応しておらず、ネットワークオーディオを楽しむには、対応製品へ買い換える必要がありました。

ネットワークオーディオ対応の本機は、設置したリビングなどで楽しむだけではなく、設置した部屋でのメインな 音声出力以外に、異なる音声を別の部屋まで提供することができる「マルチルーム」に対応。例えば、設置した リビングルームでは映画を楽しみ、同時にミニコンポが設置された書斎ではスマートフォンをリモコン(専用アプリOnkyo Remoteを使用)にしてTX-NR1030を操作し、ネットワーク内の音楽をミニコンポで楽しむことが可能です。 TX-NR1030をご家庭に追加するだけで、今お持ちのミニコンポをネットワーク化することができます。 さらに、別室のテレビに配信できるZONE2 HDMIを搭載。ZONE2のテレビを接続することにより、別室のテレビで HDMI音声や映像、さらに操作画面を表示することができます。さらに、メインルームで5.1ch再生しながら、別の2部屋に 設置したスピーカーへ出力できるパワードZONE機能を搭載しています。

※ パワードZONE機能を使用しない場合、別室にはアンプ機能を搭載したレシーバーなどが必要です。
※ NETおよびチューナーについては、複数の部屋それぞれに異なる選局を割り当てることはできません。またNETおよび USB(フロント/リア)のうち同時に選択できるのは1系統のみとなります。

なおZONE 2についてはHDMI接続(2ch PCMのみ)/LAN接続/USB接続/アナログ接続/本機チューナーからの音声出力に、 同ZONE 3についてはLAN接続/USB接続/アナログ接続/本機チューナーからの音声出力に対応します。
AI-501DA



「radiko.jp」に対応
近年、都市部を中心に高層建築、モーターなどの雑音源の増加などによりラジオの聴取環境が好ましくない場合が あります。TX-NR1030はFM/AM地上波ラジオ放送に加えて、インターネット環境を活用して安定した受信環境の提供と、 より魅力ある音声メディアの姿を追求するIP(Internet Protocol)サイマルラジオサービス「radiko.jp」に対応。 地上波ラジオ放送をCMも含め、そのまま同時に放送エリアに準じた地域に配信で、より快適なラジオ放送をお楽しみ いただけます。

※ 対応 (聴取可能) エリア、対応放送局について詳しくはradiko.jpのWebサイト(http://radiko.jp)を ご覧ください。
AI-501DA



世界中のラジオ放送を聴くことができる「TuneIn」に対応
世界中の音楽、スポーツ、ニュースなどが聴ける新しいサービス「TuneIn」に対応しています。 AI-501DA




 ◆最高水準のテクノロジーを投入

デジタル機器固有のノイズを大幅に抑制する「VLSC」
デジタル音声信号のD/A変換時に発生するパルス性ノイズを抑制するために、一般的にはLPF(ローパスフィルター)と 呼ばれる濾過回路が使用されます。しかしこの回路では効果が不十分なためノイズが残留してしまいます。 TX-NR1030には、このノイズ固有の正負対称の超高周波形には追従せず、音楽波形のみに反応する画期的なフィルター 回路、VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry:ブイ・エル・エス・シー)を搭載。 これまで常識とされてきたLPFから脱却してデジタルオーディオ技術のポテンシャルを最大限に引き出すことで、 原音の本来持つ細やかな音声情報まで正確に引き出すことに成功しています。
AI-501DA



3段インバーテッドダーリントン出力段
オンキヨーのアンプは信号の歪に対して補正を変えkるという考え方ではなく、 極力歪ませないことでオリジナルの信号に忠実に再生することを目指しています。
3段インバーテッドダーリントン出力段を搭載することで、徹底的な信号の低歪化と 効率的なパワー伝達を実現し、飛躍的にスピーカードライブ能力を向上させています。 一般的には発振しやすく制御が難しい回路ですが、HiFiオーディオの開発で培った ノウハウを駆使することで、搭載を可能にしました。
AI-501DA




 ◆視聴や操作もスムーズに

スマートフォンがリモコンに
お手持ちのiPod touch/iPhoneやAndroid OS搭載のスマートフォンをリモコンとしてお使いいただける 無償の専用アプリに対応。radiko.jpの選局はもちろん、同じ無線LAN環境にあるPCのライブラリーの選曲や再生が 可能。またAndroidスマートフォンやiPod touch/iPhoneでは、端末内にストックした音楽をワイヤレスで ストリーミング再生が可能になります。

※1 アップル社App StoreではiPod touch/iPhone版専用アプリ「Onkyo Remote2」、Google Playでは Android OS版「Onkyo Remote for Android」が無償でダウンロードいただけます。
※TX-NR3030のディスプレイは英数半角文字のみ表示対応。
※「App Store」で「Onkyo Remote」で検索してください。
※ DLNA1.5準拠のサーバー機能が必要となります。
AI-501DA

よく利用するメニューにすばやくアクセスできるホームメニュー
各種のインターネットラジオサービスやDLNAを利用する「ネットワークサービス」、iPodなどの デジタルオーディオプレーヤーやUSBデバイスを本機のUSB端子に接続して再生する「USB」、HDMIからの プレビュー表示・切替をする「InstaPrevue Technology」、各種の設定をする「セットアップ」、ファームウェアの 更新をする「ファームウェアアップデート」へすばやくアクセスすることができるホームメニューを用意。 リモコンの専用HOMEボタンと、グラフィカルなアイコン表示で快適に操作できます。 AI-501DA

プレビュー画面で他のHDMI機器からの映像を表示できる
単品AVレシーバーならではの豊富なHDMI入力も、さまざまな機器を接続することで、どのチャンネルになにを 接続してあるかわかりにくくなります。TX-NR3030ではHDMI接続機器での視聴中にプレビュー画面で他のHDMI機器からの 映像を表示できるInstaPrevue Technologyを採用。小画面を見ながら選択でき、使い勝手を向上しました。 AI-501DA

コンテンツ視聴中に主なメニュー項目が設定できるQuickセットアップメニュー
多機能なAVレシーバーはサラウンドの設定やスピーカーの詳細な設定など、多岐に渡る充実したメニューが準備 されています。日々映像を楽しむ際に、サラウンドの切り替えなどの主なメニュー項目は変更したい場合があります。 TX-NR3030はHDMI MAIN端子からのコンテンツ視聴中に主なメニュー項目が設定できるQuickセットアップメニューを 採用し、詳細な設定メニューとは別に簡易な変更が手軽にできるようになりました。 AI-501DA

連動動作する他社対応機種
パナソニック製ビエラリンク対応テレビ「VIERA(ビエラ)」および同機能対応DVDレコーダー「DIGA(ディーガ)」、 東芝製レグザリンク対応テレビ「REGZA」および同対応ブルーレイディスクレコーダー「REGZAブルーレイ」、 シャープ製AQUOSファミリンク対応液晶テレビ「AQUOS」および同対応デジタルハイビジョンレコーダー 「AQUOSハイビジョンレコーダー」/ブルーレイディスクレコーダー「AQUOSブルーレイ」、 日立製Woooリンク対応テレビ「Wooo」、ソニー製ブラビアリンク対応

テレビ「BRAVIA」および同機能対応ブルーレイディスクレコーダー/プレーヤー※1
(一部、連動に対応しない機種もございます。またレコーダーは同メーカーのTVとの組み合わせで連動します。)
※1 :ソニー製品については当社独自調査で動作確認。
AI-501DA



TX-NR3030の特長



★★★商品の詳細、スペックに関してはこちら ONKYO TX-NR3030ページ を参照ください。★★★
9.1ch対応のTX-NR1030は こちらに掲載されています。
イネーブルドスピーカーSKH-410 こちらに掲載されています。

お気に入りに追加 この商品について問い合わせ 商品詳細画面・下部 (GOODS_FOOTER.html)