オーディオ販売トップ  > プレーヤー・デッキ

e-onkyo music

ドコモオンラインショップ arrowsNX TUNED BY ONKYO

インテグラ

ods-shop

左メニュー・上部 (LEFTMENU_TOP.html)
キーワードで探す
詳細検索

カテゴリから探す
左メニュー・モールツリー上部 (LEFTMENU_MALLTREE_TOP.html)
左メニュー・モールツリー下部 (LEFTMENU_MALLTREE_BOTTOM.html)
左メニュー・下部 (LEFTMENU_BOTTOM.html)
商品詳細画面・上部 (GOODS_HEADER.html)

TEAC PD-501HR-SP/B DSD/PCMディスク再生対応CDプレーヤー Reference 501 スペシャルパッケージ

5.6MHzDSDディスクネイティブ再生対応CDプレーヤー
ハイレゾ
TEAC PD-501HR-SP/B DSD/PCMディスク再生対応CDプレーヤー Reference 501 スペシャルパッケージ

機種名 : TEAC PD-501HR-SP/B DSD/PCMディスク再生対応CDプレーヤー Reference 501 スペシャルパッケージ
品番2 : 07P51HSB01
発売日 : 2015/09/05
税抜価格 : 64,800円(税込価格:69,984円)
獲得ポイント : 4898pt
在庫 : あり
バリエーション名 : シルバー / ブラック

クレジットカード不要の分割払い(オリコWebクレジット)対応製品です。
   ※「無金利」金利手数料はONKYO DIRECTが負担します。


パソコンなしでもハイレゾ音源再生が楽しめる。
5.6MHz DSDディスクネイティブ再生対応CDプレーヤー。
オヤイデ電気製インターコネクトケーブルACROSS750 RR V2を同梱したスペシャルパッケージ版
【1年保証、送料無料】

PD-501HR
パソコンなしでもハイレゾ音源再生が楽しめる。
5.6MHz DSDディスクネイティブ再生対応CDプレーヤー。
『PD-501HR』はdsfフォーマットのファイルが書き込まれたDSDディスクの再生を可能にした、DSD/PCMディスク 再生対応CDプレーヤーです。 パソコンが新たなオーディオ機器として認知される中、パソコンを起動せずにハイレゾ音源を楽しみたいという ニーズも同時に高まりつつあります。 『PD-501HR』はDSDファイルや24bit/192kHzのPCMオーディオが書き込まれたDVD-R/CD-Rの再生に対応し、 お気に入りの曲をオリジナルのディスクに移してパソコンなしで楽しむという新しいリスニングスタイルを提案 します。PD-501HR、AI-501DAなどのUSB D/Aコンバーターと合わせて使用することで、最新のオーディオファイルを 聴きたい時の状況に合わせて様々な方法で楽しむことができる新時代のオーディオシステムが完成します。


CD-DA(オーディオCD)再生のほか、2.8/5.6MHz DSDファイル、最大24bit/192kHzフォーマットのwav形式PCM音源の 再生に対応。加えて、ピュアモードを搭載しており、一般的なDSD再生では一旦PCMに変換してからアナログ化 されることが多い中、『PD-501HR』はピュアモードをONにすることでDSD信号をダイレクトにアナログ化することが 可能です。PCM変換後のDSD信号では味わうことのできなかった、DSDならではの情報量の多いサウンドを存分に 楽しむことができます


もちろん単体ディスクプレーヤーとしても高い性能を誇っており、PCM音源再生時は116dBのS/N比、118dBの ダイナミックレンジを誇り歪率も0.0004%となっています。
この高いパフォーマンスを実現するために回路には様々な高音質化技術を投入。アナログ回路とデジタル回路の 電源は分離され、回路全体は6層基板の採用により経路を最短化してノイズを抑制しています。 アナログ化を担うD/Aコンバーターには名高いCirrus Logic社製CS4398を採用しています。これらの回路構成に 加え、心臓部であるCDドライブには、独自に開発した振動抑制機構VACSを搭載し、ドライブの振動を効果的に コントロールすることで信号の読み出しを高精度化しています。高音質化を図りながら時代にマッチした 低消費電力設計も実現し、消費電力は最大で11Wに抑えています。


『PD-501HR』はこれからの時代のスタンダードに相応しい、先進のスマートオーディオシステムを構成する ディスクプレーヤーです。



■dsfファイルが書き込まれたディスクの再生に対応、5.6MHz DSDファイルがPCなしで再生可能
PD-501HR DSDファイルの書き込まれたディスク(DSDディスク)をPD-501HRに挿入することでパソコンを使用しない DSDファイル再生が可能になります。書き込む際のフォーマットはdsfファイルとなっており、これを通常の ライティングソフトでDVD-Rに書き込んだディスクでの再生が可能です。
※DSDディスクは販売されているSACDとは異なります。



■ピュアモードによるDSDネイティブ再生
PD-501HR DSD再生は一旦PCMに変換したデータをアナログ化することが多い中で、PD-501HRではDSDデータをそのままDACに送りアナログ化するピュアモードを搭載しています。PCMへの変換されたDSD音源では味わうことのできない、ピュアなDSDサウンドを楽しむことができます。



■PCMファイルも24bit/192kHzファイルの再生に対応
DSDディスクの再生だけでなく、wav形式のPCMファイルが書き込まれたディスクの再生も可能です。 ファイルフォーマットは最大で24bit/192kHzのPCMファイルに対応しているため、パソコンを使用していない場合でも ハイレゾ音源のリスニングを楽しむことができます。



■独自の振動抑制機構VACS(Vibration Acoustic Control Structure)を搭載
PD-501HR ディスクという回転体から信号を読み取るディスクドライブにおいて不要な振動が発生すると、信号の読み取り精度に 悪影響を与え、音質に良くない影響を及ぼします。 この振動を効果的にコントロールし最適な状態での信号読み出しを可能にする独自の振動抑制機構VACSを搭載しました。 開発過程においては、このVACSの固定方法によっても音質が変化することが確認され、幾度にも渡る試聴評価の末VACSの 固定方法が決定されました。



■Cirrus Logic社のDSD対応フラッグシップDAC CS4398を採用
PD-501HR PD-501HRでは名高いCirrus Logic社CS4398を採用しています。 このDACは単体で120dBのダイナミックレンジを誇り、非減衰ボリュームコントロールなどの機能を搭載、加えてキャパシ タ・ミスマッチによる歪みを取り除くミスマッチ・シェーピング技術を搭載しています。



■アナログオーディオ回路のオペアンプにJRC NJM5532を採用
PD-501HR 既に複数の製品で試聴評価の末採用し高い評価を得ているオペアンプ、JRC NJM5532をアナログオーディオ回路の オペアンプに採用しています。



■6層基板の採用による信号経路の短縮化
それぞれのパーツの配置を入念に検討し信号経路を短縮化、さらにガラエポ6層基板を採用することでより経路を 短縮化することに成功しています。



■アナログ回路とデジタル回路で分離された電源部、SBD採用によるクリーンな電源供給
PD-501HR アナログ回路とデジタル回路の電源を分離しアナログ回路へのノイズの混入を防いでいるだけでなく、整流ノイズの発生 を抑止しクリーンな電源を安定して供給できるショットキーバリアダイオード(SBD)を整流回路に採用。 音質に配慮された電源部が高音質再生を支えます。



■優れたオーディオ性能
様々なオーディオ回路設計技術を盛り込んだ結果、単体プレーヤーとして優れたオーディオ特性を実現しており、 24bit/192kHz PCM再生時において20Hz〜80kHzの周波数特性、116dBのS/N比、118dBのダイナミックレンジを誇り歪率も 0.0004%となっています。



■時代にマッチした最大11Wの低消費電力設計
PD-501HR Reference 501シリーズのCDプレーヤーとして全体を再構築した結果、高音質ながらも低消費電力の節電時代にマッチし たプレーヤーを実現しました。最大時でも11Wと電力消費が少ない上に、オートパワーセーブモード(ON/OFF切替可能)を 搭載。待機時消費電力は0.1Wに抑えています。



■制振性と高級感を両立するフルメタル筐体、デスクトップにも設置できるA4サイズ
フロントパネルのみならず、トップおよびアウターサイドパネルに採用されたアルミ材が、強固なスチール製のシャシー を覆っています。重量部品により振動を抑制して、全ての回路が安定して動作できる筐体を実現しました。 Reference 501シリーズにおいては、オーディオ機器として全く新しいA4サイズのコンパクトなボディを採用。 パソコンが設置されたデスクトップにおいても効率的な配置が可能です。
PD-501HR PD-501HR



■操作する喜びを与えるこだわり抜いたユーザーインターフェース
PD-501HR スペックや音質を満足させるだけでなく、総合的な満足感が得られるオーディオ機器であることも、Reference 501 シリーズのコンセプトです。 これに基づいて、ごく短いストロークながらもしっかりとした操作感が得られるスピン仕上げのトランスポートボタンや 、確実な操作を感じられるトグルスイッチなど、操作する部分のひとつひとつにこだわりました。 専用のリモートコントローラーにもトップにアルミ材を使用した高級感あふれるデザインを採用しています。



  • DSD2.8MHz/5.6MHzファイルが書き込まれたディスクの再生が可能(dsfフォーマット)
  • PCM24bit/192kHzファイルが書き込まれたディスクの再生が可能(wavフォーマット)
  • CD-DA(オーディオCD)の再生が可能
  • センターマウントメカニズム方式スロットインドライブ
  • 振動抑制機構VACS搭載
  • Cirrus Logic製CS4398 D/Aコンバーター搭載
  • 信号処理用にBlackFinプロセッサを搭載
  • オペアンプにJRC NJM5532を搭載
  • アナログ回路とデジタル回路の電源を分離
  • 電源部にショットキーバリアダイオードを採用
  • ピュアモード搭載(DSD/PCM)
  • ガラエポ6層基板の採用により信号経路を短縮
  • 最大消費電力11Wの低消費電力設計
  • オートパワーセーブモード搭載(ON/OFF可能)
  • シングルリピート、フォルダーリピート、全曲リピート再生
  • シャッフル再生
  • 最大99曲の登録が可能なプログラム再生
  • フルメタル筐体
  • 有機ELディスプレー(ディマー機能付)(DSD/PCM)
  • 1系統の光デジタルオーディオ出力
  • 1系統の同軸デジタルオーディオ出力
  • 1系統のステレオRCAアンバランス出力
  • 専用リモートコントローラー付属
  • 3極式電源ソケット

定格
再生メディア CD-DA、CD-ROM/R/RW (ISO9660 LEVEL 1/2/JOLIETフォーマット)
DVD-ROM、DVD±R/RW (UDF、DVD-ROM互換フォーマット)
※12cmディスクのみ使用可能
再生フォーマット
 CD-DA (オーディオCD) 44.1kHz、16ビット
 PCM (WAV) 44.1/88.2/176.4/48/96/192kHz 、16/24ビット
 DSD 2.8MHz、5.6MHz
<オーディオ性能>
CD-DA
 周波数特性 20Hz〜20kHz (JEITA)
 S/N比 116dB (JEITA)
 歪率 0.0013% (JEITA)
 ダイナミックレンジ 103dB (JEITA)
PCM (192kHz/24ビット)
 周波数特性 20Hz〜80kHz (JEITA)
 S/N比 116dB (JEITA、可聴帯域)
 歪率 0.0004% (JEITA、可聴帯域)
 ダイナミックレンジ 118dB (JEITA、可聴帯域)
DSD
 周波数特性 20Hz〜80kHz (JEITA)
 S/N比 116dB (JEITA、可聴帯域)
 歪率 0.0005% (JEITA、可聴帯域)
 ダイナミックレンジ 112dB (JEITA、可聴帯域)
<アナログ出力>
RCA
 出力インピーダンス 100Ω
 基準出力電圧レベル 0.32Vrms
<デジタル出力> ※DSD再生時およびCD/PCMのPUREモード再生時は出力されません。
COAXIAL
 出力インピーダンス 75Ω
 出力レベル 0.5Vp-p
OPTICAL
 出力インピーダンス 75Ω
 出力レベル 0.5Vp-p
電源 100V AC 50-60Hz
消費電力 11W
最大外形・質量 290 (W) x 81.2 (H) x 244 (D)mm (突起物を含む)、4.2kg
許容動作温度 +5℃ 〜 +35℃
許容動作湿度 -20℃ 〜 +55℃
付属品 電源コード、電源コード変換コネクタ (3P-2P)、RCAオーディオケーブル(オヤイデ製)、 リモコン(RC-1306)、 リモコン用単四電池2本、取扱説明書、保証書
※仕様および外観は改善のため予告無く変更することがあります。
※RoHSに対応しています。

お気に入りに追加 この商品について問い合わせ 商品詳細画面・下部 (GOODS_FOOTER.html)